フットサルのルール


基本

【キックオフについて】
キックオフは必ずボールを前方に出さなければなりません。
以上のことを守らない場合、もう一度やり直しになります。
※キックオフから直接ゴールを狙うことも可能です。

【キックインについて】
ボールがサイドのラインを出た場合はキックイン(サッカーではスローイン)でゲームを再開します。
次のようなケースはファールとなり、相手ボールになってしまいます。
?ボールがライン上に静止していない状態でキックインをした。
?軸足(蹴り足ではない方の足)がラインを完全に超えてコート内側に入っている。
?ボールを蹴れる状態に置いてから4秒以上経過した。
※?は特に起こりやすいファールなので、キックインをする際はボールをライン上に静止させてから、ボールを蹴りましょう。

また、キックインファールではありませんが、相手選手はボールより5m離れなければなりません。故意に離れない場合は、遅延行為・規定距離違反として警告の対象になります。

【選手交代について】
交代は、ベンチ前にある5m枠の交代ゾーンにて行って下さい。
交代はサッカーとは違い、レフリーに申し出る必要はありません。ファール等でゲームが中断している状況でなくても(インプレー中でも)交代OKです。
ただし、交代時は中にいる選手が完全に外に出てから、ベンチの選手が中に入らなければなりません。逆の場合、コート内に6人の選手がいることになりますので、中に入った選手は警告の対象となります。

【キーパーへのバックパスについて】
キーパーは味方選手の足で出した意図的なパスを手で扱うことが出来ません。
キーパーから出たボール(スローでもキックでも)は、一度ハーフウェイラインを超えるか、自陣で相手選手がボールに触れるか、でないとキーパーへは戻せません。
つまり、キーパーへ戻せる場合は、一度ボールをハーフウェイラインを超えさせるか、自陣で相手選手にボールを取られてから取り返せれば、キーパーへパスが認められます。ボールを相手に当てて外に出した場合は、キックインからキーパーへパスが出せます。
以上のことを守らないと、相手ボール間接フリーキックからの再開となります。
このことがペナルティーエリア内で起きた場合は、ボールは一番近いエリアライン上からとなります。

【ゴールクリアランスについて】
ゴールクリアランスとは、サッカーで言うゴールキックに相当するものですが、フットサルの場合、キーパーがボールを手で投げて再開します。キックからの再開は認められていません。また、味方選手はペナルティエリア外でボールを受けなければなりません。
以上のことを守らない場合、やり直しとなります。ただし、繰り返し行為は遅延行為として警告の対象となります。
ゴールクリアランスはアウトオブプレー時の再開方法であって、インプレー中はキーパーはスローでもキックでもOKです。
キーパーからのボールを味方選手が受けて、そのままキーパーへパスを出してキーパーが受けた場合、バックパスとなり、反則となります。

【スライディングファールについて】
スライディングタックルはフットサルでは原則禁止されていますが、スライディング行為が必ずファールとなるとは限りません。
スライディングファールにならない例外は以下の通りです。
?シュートする選手のボールディスタンス範囲外のシュートされたボールをブロックをするスライディング行為。
?パスカットによるスライディング行為。
ボールディスタンスにあるかないかは微妙なところなのでレフリーの判断によります。

※ゴールキーパーのスライディングタックルについて
ペナルティーエリア内でのボールへのスライディングタックルは過剰な行為でない限り、反則にはなりません。
ペナルティーエリア外でのスライディングタックルは反則となり、少なくとも警告は覚悟しなければなりません。
また、得点機会の阻止に当たる行為は退場となります。

【ハンドリングについて】
ボールを手で扱うことは出来ません。サッカー・フットサルでは一番有名なファールですが、解釈を間違えている人も多いので説明します。
ボールが手に当たったのと、ボールを手で扱うのとでは意味が違います。後者が反則行為となります。例えば、フィールドプレイヤー(キーパー以外のプレイヤー)がゴールを阻止しようとシュートを手で止めるような行為です。
レフリーから見て、ボールが選手の手に当たっただけと見なせば、反則として取らない場合がほとんどです。

その他

【たまに起こりうる事例】
●キックインが誰にも触れずに直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールとして認められません。相手ゴールクリアランスからの再開です。
●キックインが誰にも触れずに直接味方ゴールにゴールインしてしまった。 
→(オウン)ゴールとして認められません。相手側コーナーキックからの再開です。
●ゴールクリアランスが誰にも触れずに直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールとして認められません.相手ゴールクリアランスからの再開です。
●ゴールクリアランスが誰にも触れずに直接味方ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールとして認められません。やりなおしです。
●コーナーキックが誰にも触れずに直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールです。
●コーナーキックが誰にも触れずに直接味方ゴールにゴールインしてしまった。 
→(オウン)ゴールとして認められません。相手側コーナーキックからの再開です。
●インプレー中、キーパーから投げたボールが誰にも触れず直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールとして認められません。相手ゴールクリアランスからの再開です。
●インプレー中、キーパーから蹴ったボールが誰にも触れず直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールです。
●キックオフからシュートし誰にも触れずに直接相手ゴールにゴールインしてしまった。 
→ゴールです。

前に戻る